PMS

PMS

PMSとは?

PMSとは

月経前症候群、PMSとは、最近になって急に取り上げられるようになりましたが、実は昔から存在していた症状です。

生理の際には、激しい腹痛や気分の悪さを訴える女性は昔から結構いました。ですから、昭和の後期くらいまでは、女性の場合だと「生理休暇」が認められている企業もあったのです。

しかし、それは単なるワガママだとの見方もあり、同じ女性でも症状のでない人には理解されず、男性にはもちろん理解されずに、男女平等や男女雇用機会均等法の流れの中で次第に消えて行きました。

しかし、生理中の不具合だけでなく、排卵前後から生理が始まるまでの間に体調不良や精神的な不安定を感じている女性は少なくなかったのです。このような排卵から生理までの間に起こる肉体的・精神的なさまざまな変化をPMSと呼びます。

具体的な症状としては、肩こり、腰痛、頭痛といった肉体的な症状から、疲労感や眠気、無気力、集中力の低下、イライラといった精神的なものまで、人それぞれさまざまな症状があります。

場合によっては、便秘や下痢といった症状が出る人もいますし、多くの女性・・・特に胸の大きな女性ほど胸が張って痛いという思いを味わっているのではないでしょうか?これらは、ホルモンバランスの変化によって起きると言われています。

排卵すると一気に女性ホルモンが増え、卵を守るための身体が作られます。そして、受精出来なかった場合は、生理として流れ出てしまい、女性ホルモンが一気に低下するのが原因とされているのです。

▲ PMS トップへ戻る
‚r‚d‚n‘΍ô@ƒVƒ‡ƒbƒsƒ“ƒOƒJ[ƒg@ƒŒƒ“ƒ^ƒ‹ƒT[ƒo[ /ƒeƒLƒXƒgL ƒAƒNƒZƒX‰ðÍ ‰Ô –³—¿ƒz[ƒ€ƒy[ƒW ŒfŽ¦” ƒuƒƒO